MINAMIAOYAMA Walking
  • BLOG TOP
PROFILE
南青山のプロデューサー
SACHIのブログ

PROFILE PHOTO

東京のCM制作会社からNYのプロダクションを経て、 プロデューサとして、車から女性もの、IT系までを幅広くこなす。
アジアからカリブまでを網羅する南の島のリゾート・マニア。 "美しくなるもの"&"美味しいもの"が大好きなアラサーアラフォーに贈る 南青山ウォーキング「アラアラSACHIがいく」。どうぞよろしく。

南青山のチーフディレクターMのブログへ

南青山のチーフディレクターMのブログへ

南青山のプロデューサーHIROKIのブログへ

南青山のプロデューサーHIROKIのブログへ

LINK

根津美術館の内覧会に行ってきました!

11月17日 あいにくのお天気でしたが、
内覧会に御招待いただき、根津美術館へ行ってきました。

 

今回は新創記念特別展8回のうちの第2部で、
テーマは「根津青山の茶の湯」~初代根津喜一郎の人と茶と道具~。

  blog_img4-a.jpg

 

blog_img4-b.jpg

まずは副館長で学芸部長の西田さんから、展示解説がありました。

興味深かったのは、根津青山が59歳から晩年亡くなるまでお茶を続けたのは
「みんなにお茶は楽しいね」と思ってもらいたかったという説明。

 だから「思いのこもった、みんなで楽しむ茶会」を開き続けたのだそうです。

 

blog_img4-1.jpg

時には茶会といいながら、広間で番茶を楽しみ、お茶にいかずにそのままお酒になった、
ということもあったそうで、とても親しみを覚えました。

 

また根津さんは識者ではなく、事業家、コレクターであり、
「みんなで楽しむ美術館」を目指したそうです。 ふむふむ、勉強になりました。


館内は

 

blog_img4-2.jpg

とても素晴らしい。

 

同時開催では、国宝も展示。


blog_img4-3.jpg

 重要文化財はところどころに。

 

blog_img4-4.jpg

お気に入り、第3展示場です。

blog_img4-5.jpg

像がまるで生きて歩き出しそうな・・・!

 

blog_img4-5'.jpg

この前に座っていると、すごくいい企画が生まれてきそう。

 

カフェも素敵です。

招待者にはコーヒーをご用意して下さったのですが、このカフェのコーヒー、マジで美味しい!

 

blog_img4-6.jpg

 

素晴らしい美術品を鑑賞して、緑の庭園を見ながら、
美味しいコーヒーを飲むと、都会にいながらにして心が洗われます。

根津さんが「楽しむ美術館」とおしゃった意味がわかる気がします。

 

帰りがけに、学芸部課長でもあり、広報ご担当の白原さんからお聞きしましたが、
南青山を活性化するために、岡本太郎美術館や国立新美術館等などがあるこの通りを

「美術館通り」として人の流れを呼びたいとのこと。

 

私たちも同じように、南青山をもっと輝かせたいと考えています、と話して、

盛り上がりました。

 

骨董通りや美術通りがある南青山へ、是非、皆さんも遊びにいらしてください!

 


« 前の記事  | 過去の記事 | 次の記事 »

TITLE LIST
子供たちの未来を応援する夢のかけ橋プロジェクト
子供たちの未来を応援する夢のかけ橋プロジェクト