MINAMIAOYAMA Walking
  • BLOG TOP
PROFILE
南青山のチーフディレクター
Mのブログ

PROFILE PHOTO

映像ディレクターとして海外渡航暦100回以上。 あるときはフェラーリの聖地イタリアをかっ飛ばし、
あるときはアフリカのサハラ砂漠でCM撮影、 あるときは英国ロンドンで007特撮クルーと競演、 あるときはオーストラリアで水中撮影を楽しむ。 五大陸を飛び歩く"M"のご当地、南青山ウォーキング。 犬も歩けば棒に当たる。Mも歩けば何かに当たるのでしょうか。

南青山のプロデューサーSACHIのブログへ

南青山のプロデューサーSACHIのブログへ

南青山のプロデューサーHIROKIのブログへ

南青山のプロデューサーHIROKIのブログへ

LINK

2009年11月アーカイブ

シンガポールでチャイニーズ ~Majestic~

 

週末のオーチャドロードは人で溢れていて、買い物をしようという意欲満々の人たちでいっぱい。
シンガポールのパワー、熱気、勢いを感じます。

 

ちょっと休もうにも、カフェもどこも満杯です。で、穴場はハーゲンダッツ。案外すいています。

 

blog_img3-1.jpg

おすすめはベルギーチョコの特製シェークです。疲れた身体にじーんにくる甘さ!

 

さて、ここハーゲンダッツで、

お隣でコーヒータイムを楽しんでいた日本女性から仕入れた、耳寄り現地情報。

 

シンガポールと日本を行き来する彼女のお勧めで、
いま最もホットといわれるモダンチャイニーズ、「Majestic」へ行ってきました。

 

blog_img3-2.jpg

お店はチャイナタウン、ニューマジェスティックホテルの中にあります。
こじんまりした、ちょっとおしゃれなブティックホテルです。

 

blog_img3-3.jpg

後で調べてわかったのですが、ここは「ミシュラン シンガポール」でも紹介されている、
数々の賞に輝く、いま最も売り出し中のモダンチャイニーズのお店。
「Lei Garden」のように紹介されていないようなので、本邦初公開かも?

 

 

まずはおすすめの「北京ダック」。

皮がつやつやしています。10年物の紹興酒を頼んで、一緒にいただきます。

 

blog_img3-4.jpg

パリッとした皮が絶品!

ここではミニマムのオーダーが一羽まるごとから。北京ダックを本当にまるごと堪能しちゃいました。

 

blog_img3-5.jpg

続いて、「ふかひれのスープ」。
コラーゲンたっぷり、ふかひれがまるごと入っていました!

 

blog_img3-6.jpg

さきほど食したダックの肉をキャベツで炒めたお料理。

女性二人にダック丸ごとのボリュームは大きかった。。。

 

blog_img3-7.jpg

なのに卵白と蟹の楊州炒飯も頼んでしまって・・・

 

blog_img3-8.jpg

食べたい料理はいろいろあるのに。。。

ここでもデザートをあきらめてしまった、シンガポール第二夜でした。

 

 

シンガポールの夜は更けて ~Lei Garden~

シンガポールに行ってきました。


今回で二回目です。
前回撮影で、今回はプライベートでの訪問。


ホテルは「MERITUS MANDALIN メリタスマンダリン」。
シンガポールの目抜き通りオーチャードに面し、向かいが高島屋という立地のよさ。


エントランスがリノベーション中ということで、
ホテルが高いシンガポールにしては、破格の一泊240シンガポール$。

 

blog_img2-1.jpg blog_img2-2.jpg

工事の音がうるさいからという理由らしいけど、日中は外出しているから問題なし。
加えて高層階の新しい部屋で、眺めもグー。

 

旅の目的は美味しいチャイニーズ。
まずはホテル近く、オーチャードショッピングセンター3階の「Lei Garden レイガーデン 利苑 」へ。

 

blog_img2-4-5.jpg

ここはシンガポールにいったらはずせないレストラン。シンガポール一という口コミもある広東料理店。
超人気店なので、予約なしで入れたのはラッキー。


人気の前菜「豚かつ」はタッチの差で売り切れでしたが、「あわびの老酒付け」をいただきました!
 

blog_img2-6.jpg

 続いて名物「北京ダック」。さすがご自慢だけあって、満足です!ダック半分で32シンガポール$。
 

blog_img2-7.jpg

 包む皮がクレープのような?洋風でした。


blog_img2-8.jpg贅沢な「ふかひれの上海蟹(ミソ&卵)入りスープ」。
お値段も68シンガポール$と、北京ダック以上のお値段なのですが、

いやーこれは絶品!!美味でした。

 

blog_img2-9.jpg

 「大えびのフリッタ」。
お勧めということでしたが、マヨネーズ味で、私的にはいまひとつ。 


blog_img2-10.jpg

 「ホタテ貝柱と卵白のチャーハン」。 


blog_img2-11.jpg

これまた美味しいと評判らしいのですが、このころにはおなかがいっぱいで・・・
残念ながらデザートまでたどり着けませんでした。

 


チャイニーズを食べるときは大人数がいいなって、つくづく思いつつ、
シンガポールの熱い夜は更けていきました。

 

 

子供たちの未来を応援する夢のかけ橋プロジェクト
子供たちの未来を応援する夢のかけ橋プロジェクト